2017年8月16日水曜日

爪の水虫について 〜診療所かわら版 2017年8月号より〜

7月は暑かったですね、蒸してましたね、虫も増えてきましたね。
ということで、今回は爪のみずむしに出た新しいお薬の話です。

これまで、普通の塗り薬だと爪の奥深くまで染み渡っていかないので効果がないと言われていました。なので飲み薬で治療していました。
ですが、飲み薬は肝臓に悪さをすることがあり、1,2ヶ月毎に採血が必要です。

最近、爪のみずむしでも効く塗り薬が出ました.
ちゃんと染み渡るのでこれまで塗り薬では太刀打ちできなかった爪のみずむしにも十分効果があります。副作用も少ないです。
1本あたり約5,900円します。だいたい両足に使うと2週間でなくなります。

1ヶ月両足全部に使うとして、飲み薬と塗り薬でかかるお金を比較してみましょう。3割負担の方で考えてみると…、飲み薬でだいたい1,500円(+定期的採血でかかる費用)、塗り薬でだいたい3,540円になります。(目安です.)

以上、副作用は少ないですがお金がかかる爪みずむしの塗り薬治療のご紹介でした。
もっとお話を聞いてみたい方はぜひ診療所にいらして下さい!
ちなみに、飲み薬でも塗り薬でも爪が生え変わるまで1,2年かかります…

文責: 古川享(更別村診療所医師)

2017年8月6日日曜日

動物にかまれた 〜診療所かわら版2017年7月号より〜

皆さんご存知ですか?動物の口の中が汚いことを。なんとなくわかりますよね。

ここでは犬と猫と人間に噛まれた場合のお話をしましょう。

なぜヒトも入っているかですって?ヒトの口の中は犬猫以上にバイキンだらけなのです…口の中が汚いと危険な肺炎を起こしやすくなるくらいに。

さて、なので噛まれたらまずはひたすら水道水で洗いましょう。
昔は「傷には消毒」と言われていましたが、今は「傷には流水で洗い流すが医者の中での常識となっています。

傷口はぱっくり開いていると縫って治しますが、噛まれた傷は汚いので縫うと膿が溜まってしまうので基本縫えません。犬に噛まれた傷で、血流が豊富なところで、6時間以内なら縫って治療することも出来ます。
そして、バイキンが入り込んで化膿する確率が高いので、抗生物質を飲んでもらうことが大半です。
あと、破傷風の予防もしなければならないのでその注射もします。(一部例外あり)

こんな感じでたかが噛まれただけ、と思うかもしれませんがやらなければいけないことが多いです。なのでまずはなるべく早めの受診を。

では、最後にまとめ
●噛まれた傷は、汚い(ヒト>猫>犬)
●まずはひたすら水道水で洗いましょう
●犬に噛まれた6時間以内の傷なら縫えることが多いですが基本は縫えません
●化膿するので抗生物質を飲んでいただきます
●破傷風の予防をします

最後に、日本では狂犬病はないのでご安心ください

文責:古川享(更別村国民健康保険診療所)

2017年6月18日日曜日

【お知らせ】 診察の待ち時間について 〜診療所かわら版 2017年6月号より〜

【待ち時間について】
(1)
当診療所は、84593016001630の受付は、毎日混雑する傾向にあります。
可能であればその時間帯をお避けいただくか、事前にお電話で混雑状況をお問合せください。
 ※  農繁期の雨の日はとくにこの傾向が強まります.ご注意下さい.
(2)
急なケガや発熱、未就学児をお連れの方は、待ち時間が長くならないよう優先して診察を行っております.
(3)
混雑時の対策として、来院された時点での待ち時間の目安や、現在診察中の患者さんの受付番号を掲示しております.その上で一旦外出を希望される場合は看護師による予診の際に声をおかけ下さい.その場で同日午後や後日の時間枠を予約していただくことも可能です。
 ※ 時間枠予約とは
  指定された日時から15分以内に診察が開始される予約です。
  午前中の定期受診または発熱・ケガなどの再診で,診察前に検査予定が無く,
  診察を担当する医師を指定しない方に予約していただいております。
  ご希望の方は医師または看護師にお声かけください。
(4)
山田は急な出張や会議などで不在になる場合もありますので,診察をご希望の方は事前にお電話でお問い合わせください。

2017年6月10日土曜日

棟方医師がテレビに登場します.

棟方医師がテレビに登場します!

6/14(水)19:00〜20:54
BS日テレ「ドクターW 命の砦を守る女性医師 Part2」

撮影風景 その1!
撮影風景 その2!
地域医療の現場で子育てをしながら働く棟方医師.
実は全国的にも稀な存在といってよいと思います.

この番組を通じて,地域医療や彼女が専門とする家庭医療に魅力を感じながらも一歩踏み出せずにいる女性医師の皆さんに希望を持って頂けたらうれしいな,と思います.

所長 山田康介

2017年6月4日日曜日

捻挫・打撲をしてしまったら 〜診療所かわら版 2017年5月号より〜

捻挫といえば、足首を想像すると思います。
ひねって靭帯が引っ張られて痛めてしまうのが捻挫です。
突き指も指の靭帯を痛めているため捻挫となります。
捻挫した場合の応急処置として、RICEという覚え方があります。

Rest     …休む、あまり動かさないようにする
Icing      …冷やす
Compression  …圧迫する
Elevation    …心臓より高い位置に挙げる

なので病院で捻挫を見たときは添え木を当てたり包帯でぐるぐる巻きにしたり氷嚢を当てたりします。
しかし、ただ捻っただけとは言え、骨折してしまうこともあります。
例えば足なら「びっこ引いても歩けないくらい痛い」など、症状が強いときは骨折の可能性が高くなります。他の場所でも痛みや腫れが強いときは骨折を考えます。
そんなときは診療所に来ていただいて、レントゲンを撮ってみる必要があります。

骨折があった場合、ズレが大きくなければ添え木を当てたままくっついてくるのを待ちます。
大きくズレていれば手術が必要になるときもあるので、その時は整形外科にご紹介いたします。

ちなみに、レントゲンではわかりにくい骨折というのもあります。場合によっては、詳しい画像検査(CT/MRI)のために整形外科にご紹介したり、繰り返しレントゲンを撮ったりする場合もあります。

文責:古川

2017年5月1日月曜日

年度初めのご挨拶 〜診療所かわら版 2017年4月号より〜


 雪解けが進み、更別にも春がやって参りましたね。診察にいらっしゃる農家の皆様からお仕事の話をお伺いするようになりました。台風被害で大変だった昨年。今年は豊穣の秋が迎えられると良いな、と一住民として心から願っています。
 さて、当診療所も別れと出会いがありました。副所長の川合医師、若手の黒岩医師が転勤で更別を離れ、新任の副所長として安達医師、黒岩医師と同期の若手、古川医師が赴任致します。2人とも穏やかな中に情熱を秘め、所長の私としても一緒に働くことが楽しみな医師たちです。地域の皆様と接する中でさらに成長してくれることと信じております。

 地域医療のあり方は、少子高齢化の進行とともに少しずつ様相を変えつつあります。特に高齢者医療の中心は病院(入院)から生活の場(在宅)へ大きく方向転換をしつつあります。65歳以上の10人に1人と言われるくらいありふれた病気となった認知症への取り組みも大きな課題です。私たち専門職はもちろん、住民の皆さん1人1人の協力なくして「いつまでも住みつづけたいまち」更別の実現はありません。
 同時に地域の若い家族が障がいの有無にかかわらず安心して子どもを育てられ、巣立ちを見守っていける地域作りも大事であると認識しています。地域の家庭医として新年度も様々な努力を積み重ねて参りたいと思います。

所長 山田康介

2017年4月10日月曜日

医師の紹介のページを更新しました.

4月になり,新生活が始まった方も多いと思いますが,いかがお過ごしでしょうか?
更別村診療所も医師2名が人事異動により交代し,
安達記宏(あだちのりひろ)医師と古川享(ふるかわとおる)医師が4/3(月)に着任しております.
最初の2週間は多種多様な診療所の業務を身につけるためのオリエンテーション期間.
この期間,診療所内はドタバタと慌ただしくなります.
そして所長のやまだ,オリエンテーション期間が終わるまで土日祝日や夜間の時間外診療の当番を12日連続でこなしている最中でございます.
2日連続で深夜や早朝に患者さんがやってくると,かなりいい感じでやつれるんですよ.
それはおいておきまして,
以下のリンクから医師の紹介をご覧頂けます.
新年度もどうかよろしくお願い致します!

爪の水虫について 〜診療所かわら版 2017年8月号より〜

7月は暑かったですね、蒸してましたね、虫も増えてきましたね。 ということで、今回は爪のみずむしに出た新しいお薬の話です。 これまで、普通の塗り薬だと爪の奥深くまで染み渡っていかないので効果がないと言われていました。なので飲み薬で治療していました。 ですが、飲み薬は肝臓に悪さをす...