2018年1月14日日曜日

年末年始のご挨拶 〜あたし医時代に向けて〜 かわら版2017年1月号



天皇陛下の退位が平成31年4月30日と発表されました。平成からどんな元号に変わるのかなあ?などと家族内では少々盛り上がっています。と、新しい時代の到来を予感せずにはいられない今日この頃ですが、医療や福祉、地域のあり方もこれからの数年で大きく変わって行こうとしています。

背景にあるのはやはり少子高齢化、人口減少、そしてそれに備えるための制度面の変化です。キーワードは「プライマリ・ケア」と「ごちゃまぜの地域づくり」、と私は考えています。

プライマリ・ケア

日本の医療はこれまで「病気になったら病院に行って病気を治して日常生活に戻る」という考え方が支配的でした。しかし、現代は医学の発展などにより「病気を抱えながら生活を続ける」ことが普通になり、「人とその生活に寄り添う」医療が必要とされる時代になりました。人とその生活に寄り添う医療のあり方が「プライマリ・ケア」です。実は今世界中でこの「プライマリ・ケア」のシステムを整えることが急務とされ、その専門医として位置づけられているのが「総合診療科」の医師で、平成30年4月に専門医制度の大改革が行われ内科や小児科、産婦人科などと並ぶ基本的な診療科目として位置づけられる予定です。更別の医師は全員が総合診療科の専門医なのです。

ごちゃまぜの地域づくり



「プライマリ・ケア」という医療のあり方だけで「人とその生活に寄り添う」ことはできません。「予防」に取り組むことや病気や障がいを抱えて地域に暮らす人の生活を支える「福祉」の視点が欠かせず、しかもそれを専門職だけで担うことは難しい、ということが分かってきました。健常な人も高齢者も認知症の人も障がいを抱える人も住民みんながそれぞれこの地域に役割を持って支え合う「ごちゃまぜ」の共生社会。そのようなしくみを地域に作ることが次の時代に必要とされています。「在宅医療・介護連携推進事業」など様々な制度の後押しで更別でも取り組みが進められています。「いつまでも住みつづけたいまち」づくりをみんなの手で、ご理解・ご協力頂けるとうれしいです。

所長 山田康介

2017年12月22日金曜日

お薬が余ってしまった皆様へ 診療所かわら版2017年12月号より

ご自宅で、診療所から出されたお薬(飲み薬、塗り薬、貼り薬など)が余ってしまい、どうしようかと思っている方はいらっしゃいませんか?
余ったお薬は、フナキ調剤薬局様で整理してもらうことが出来ます。
お困りの方は、診察時に医師に申し出てください。
その旨、医師から薬局に連絡させていただきます。
診療所受診後、余っているお薬を持って薬局に行って頂きお薬の調整をしてもらいます。
わからないことがあれば医師にご相談ください。

古川 

2017年12月17日日曜日

低用量ピルの処方をしています. 診療所かわら版 2017年12月号より

低用量ピルは、女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)を適切に調整することで排卵を抑制するお薬です。毎日1回1錠ずつ飲むことで、確実に避妊する(望まない妊娠を防ぐ、成功率ほぼ100%)ことができます。避妊をしたい女性が自分自身の意思で避妊できる方法です。(お薬を中止すれば、すみやかに妊娠できる体に戻ります)

また、毎月の生理に伴うつらい症状(生理痛、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、吐き気、むくみ、イライラや憂うつなど気分の変調、乳房の張りや痛みなど)を軽くする効果や大人ニキビ・肌荒れ・多毛症の改善、生理が周期的になり出血量を減らす効果もあります。

試験や旅行など大事な予定にあわせて、計画的に生理日を変更することもできます。お薬を飲み始めたときに副作用(吐き気や不正出血等)が生じることもありますが、飲み続けることで軽減します。そのため、生理日の変更をご希望の場合は、大事な予定の2か月前にはご相談ください。来年1月~2月に試験等ある方は、12月中に受診されると良いですね。

その他にも子宮内膜症の予防・進行抑制、子宮体がんや卵巣がん・卵巣のう腫のリスク低下、乳房の良性腫瘍の発生率低下など避妊以外にも多くの効能があり、海外では広く普及(欧米では約40%)しているお薬です。

ただし、喫煙や高血圧、血栓症になったことがある等、静脈血栓症のリスクが高い方には処方できないことがあります。

お値段(診察料・薬代含)は、初診時2,100円、以後月1,640円です。

※ 冬期は暖房費加算あり  
※ 副作用等なければ長期処方(最長3か月)可能

避妊の相談や生理に伴うつらい症状でお悩みの方、大事な予定にあわせて生理日を変更したい方は、ご相談ください。           

医師  棟方 智子

便秘について 〜治療編〜 診療所かわら版2017年11月号より

今月は「便秘」について 治療編です。

現在多く使われているお薬は以下の2つです。他にも漢方含め幾つかあります。

①便を柔らかくするお薬
酸化マグネシウム(マグミット)、ルビプロストン(アミティーザ)など
便中の水分を多くし、柔らかくします。ゆるくなりすぎたときは自分で薬の量を調整できます。高齢の方ではマグネシウムの数値が高くなりすぎることがあるので時折血液検査で確認します。

②腸を動かすお薬
センノサイド、ピコスルファート(チャルドール)など
腸を刺激し動かします。市販の下剤は大体がこの作用です。
毎日使い続けると効き目が弱くなってしまうので、
数日便が出ない時に使います。


これはトイレを我慢してしまうお子さんに多いのですが、一度便が詰まってしまうとお薬を使っても効果が出ないことがあります。その場合は浣腸や摘便で詰まっている便をしっかり出す必要があります。
便がお尻まで来ていない、おならすら出ないなどあれば何か原因があって腸が詰まってしまっている可能性があります。お薬の副作用である時もあります。その際は受診して相談してください。

以上2回にわたり便秘シリーズをお送りしました。
古川

便秘について 〜生活習慣編〜 診療所かわら版2017年10月号より

今月と来月の2回にわたり「便秘」について書いていこうと思います。
便秘と言っても毎日出ないと気になる人もいれば私みたいに3,4日出ないのは普通だという認識の人もいます。要は個人の受け止め方次第です(一応定義はありますが)。
今回は便秘改善のための生活習慣についてです。
●食事
一日三食規則正しく食べ、食物繊維や乳製品を摂り、水分をしっかり摂りましょう。朝起きた時にコップ1杯のお水を飲むと腸が刺激されます。
●タイミング
一番便が出やすいタイミングは朝食後です。
●姿勢
腸の出口の構造上、「考える人」のように和式便所でしゃがんだ姿勢が理想的な姿勢と言われています。洋式トイレでは前傾姿勢になり、かかとを上げたり足台を置いたりして肘を太ももの上に乗せられるようにするといいです。
●運動
適度な運動は便秘の予防につながります。
●マッサージ
大腸の通り道に沿ってお腹を「の」の字にマッサージすると腸の動きが良くなります。

来月は治療編です。
古川

2017年11月5日日曜日

風邪薬の眠気は,ただの眠気ではない? 〜船木先生の薬の話 かわら版2017年10月号より〜

「風邪をひいたかな?」と感じた時、症状が悪化しないように早めに風邪薬を服用される方も多いのではないでしょうか。今月は、風邪薬を飲んだ時の副作用について、フナキ調剤薬局 船木達 薬剤師にお話を伺いました。    

風邪のつらい症状を抑えてくれる風邪薬ですが、風邪薬を飲むと眠くなることがあります。これは風邪薬の中に含まれている抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬の副作用です。アレルギー反応を抑える作用があり、鼻水やくしゃみ、花粉症や鼻炎など、広く一般的に使用されているので一度は経験したことがあるかもしれません。この抗ヒスタミン薬の眠気はただの眠気ではないということはご存知ですか?    


抗ヒスタミン薬の副作用は「鈍脳」と表現され、言葉のとおり脳の働きが鈍くなります。脳の活動が低下し、集中力や判断力・作業効率が低下し、眠気もでてくるというわけです。眠気が出ないから大丈夫・・・と思っていても脳の活動は低下しています。ブラックコーヒーを飲んで目が冴えても脳の活動低下は改善されません。お酒を飲んだ時、眠くはないけど真っ直ぐに歩けない・正常な判断ができないなどと同じような状態です。
抗ヒスタミン薬による脳の活動低下は、日本では認知度が低くあまり問題にされませんが、お酒(ビールで1リットル程度)を飲んだ時と同程度と言われており、アメリカでは抗ヒスタミン薬を服用すると車の運転を禁止している州もあります。

現在、病院や診療所で処方されている抗ヒスタミン薬の多くは、副作用の少ないタイプの薬で心配することはありません。しかしドラッグストアや薬店で販売されているものは副作用の多いタイプなので注意が必要です。気になる方は購入時に相談してみましょう。

2017年10月15日日曜日

インフルエンザワクチンの予防接種のご案内

【実施期間・日時】  
10月 18日(水)~ 12月27日(水)
毎週 水・金曜日
①午後1時30分~2時00分
②午後4時00分~4時30分 (各回44名まで)

※ 水・金曜日で、どうしても都合がつかない方には…
月・火曜日、午後の通常診療(午後1時30分 ~ 4時30分)のなかで、接種することもできます(ただし各日4名まで、村民の方のみとします)。

【実施場所】
更別村 福祉の里総合センター  集会室
(月・火曜日は、国民健康保険診療所)    

【接種料金】  
・村民の方…… 1,000円/回 (村の助成を引いた後の料金です)
・村外の方…… 3,000円/回
なお、村民の方が他の医療機関で接種した場合は、償還払いで助成を受けることができます。 詳しくは、更別村保健福祉課(☎0155−53−3000)へお問い合わせ下さい.

【接種回数】
13歳以上の方 → 1回接種
13歳未満の方 → 2回接種
※ 2回目の接種は、3~4週間後をお奨めしています。
※ インフルエンザワクチンの効果には個人差がありますが、一般的には接種後2週間目頃から5か月間程度効果が持続するとされています。

【お申し込み】
電話予約 ☎0155−52-2301
前日までにお申込みをお願いします。
 例年11月・12月は混み合いますので、お早めに!

年末年始のご挨拶 〜あたし医時代に向けて〜 かわら版2017年1月号

天皇陛下の退位が平成31年4月30日と発表されました。平成からどんな元号に変わるのかなあ?などと家族内では少々盛り上がっています。と、新しい時代の到来を予感せずにはいられない今日この頃ですが、医療や福祉、地域のあり方もこれからの数年で大きく変わって行こうとしています。 背景にあ...