2014年11月24日月曜日

さらべつほーぷの活動報告

さらべつのこどもたち,その保護者の皆様に社会を生き抜く力「ライフスキル」を万で頂きたい!ということで立ち上げたさーくる,「さらべつほーぷ」(代表:所長山田)の活動をこの場でご報告させていただきます.

11月15日(土)の午後,村内の中高生,その保護者,学校の先生の皆様を対象に
「広告を読み取る力がつく学習会〜広告に隠された罠を解き明かそう!」
を実施しました.
さて,皆様,右の広告,あえてどんな商品なのかすぐに分かるような画像を隠したものなのですが,これだけで何の商品の広告か分かりますか?
実はこれ,タバコの広告なのです(右下)
「100%無添加」「オーガニック」「太陽と大地の味」…

タバコの正しい知識を伝えているでしょうか?
逆にヘルシーなイメージを与えようとしている意図が感じられませんか?

タバコが健康を害する有害なものであることを伝える情報は右の写真の下の部分に小さな文字で書かれているのみです.



このように広告は正しい情報を皆さんに伝えようとしているわけではないのだ,ということを,思春期の皆さんに学んでいただくことがこの学習会の目的です.

当日は山田よりもう少し詳しいレクチャーを皆さんに聴いて頂き,その後はグループに分かれて実際の広告(主にタバコやアルコール)を分析していただきました.

「この広告は○○なイメージを売りにして本当の情報を伝えていません」などなど.
まとめた分析結果をみんなで発表し共有.

非常に楽しい学習会になりました.

このように社会で生きていく上で大事な力を学ぶ場を皆さんに提供していくのが私たち「さらべつほーぷ」の指名です.

今後もいろいろな形でやっていきますので是非ご参加下さいね!

2014年11月15日土曜日

接遇研修会を実施しています.

日崎事務長(患者さん役)高橋看護師(受付役)
による寸劇!
更別村診療所には「サービス向上委員会」という委員会があります.診療所を受診される皆様により満足して利用頂けるように改善をつづける委員会です.
例えば,
(1)待ち時間を少しでも短くするために「時間枠」という制度をつくる
(2)待合室の雑誌の整備
(3)意見箱に頂いたご意見に対する回答
など…
この数年重点的に取り組もうと頑張っているのが,私たち職員の「接遇」です.
私たち医療者は就職後,「医療」を学ぶことが重視されるあまり「接遇」をしっかり学ぶ機会はそれほど多くありません.
ましてや私たちのような小規模の医療機関になるとなおさらなのです.

ということで,今年度後半からは月1回研修会を開いているところです.
10月は外部講師をお呼びして講演会.
9月,11月はよくある場面を想定した事例(寸劇)を元にして検討会をしています.
今月は「おそれいりますが」「あいにく…」などの「クッション言葉」を意識してもっと使おう!というまとめになりましたよ.

私たちスタッフ,頑張って使ってみますので変化に気づいた方はお気軽に声をおかけ下さいね.
サービス向上委員会の皆様には院長として感謝,感謝です!

(山田)

爪の水虫について 〜診療所かわら版 2017年8月号より〜

7月は暑かったですね、蒸してましたね、虫も増えてきましたね。 ということで、今回は爪のみずむしに出た新しいお薬の話です。 これまで、普通の塗り薬だと爪の奥深くまで染み渡っていかないので効果がないと言われていました。なので飲み薬で治療していました。 ですが、飲み薬は肝臓に悪さをす...