2016年12月31日土曜日

年末年始のご挨拶 〜診療所かわら版2017年1月号より〜

 自然災害に見舞われ,大変だった平成28年が暮れようとしています.医療面においては幸いにも被害はなく事なきを得たのですが,医療機関としてその備えは十分だったのか考えずにはいられません.住民の皆様も今年ほど自然災害が「自分事」になったことはないのではないでしょうか?
 さて平成28年度,更別村の保健・医療・福祉は未曾有の少子高齢化社会をみすえて重要な課題に取り組みはじめました.更別村における「地域包括ケアシステム」の構築です.
 更別村に住むあらゆる人が住み慣れた地域でその人らしく尊厳を持って暮らし,老い,最期を迎えられる体制作りです.目下の課題はご高齢の方たちのケアで,鍵を握っているのは在宅医療・介護の充実です.私たち専門職はもちろん,住民の皆さんの理解と協力なくして実現は難しいものです.
 私たち診療所は平成29年度以降も引き続きこの「地域包括ケアシステム」構築に積極的に関わり,診療所運営に反映させて参ります.
 また,今年も地道に当院の診療内容の向上に努めて参りましたのでお知らせします.
   小児患者さんのサービス向上のために更別村,中札内村,大樹町の乳幼児健診の場を利用してアンケート調査を行い貴重な情報をいただきました.この結果を元に改善策を練り実行に移したいと考えています.
   ご高齢の方が入院後,施設や自宅への退院を円滑に支援するための「退院支援」サービスを充実させました.
   その他,糖尿病性神経症の検査や女性の健康問題へのサービス向上として低用量ピルの処方を開始しました.
 当院は住民の皆さんの日常的なかかりつけ医として役割を果たせるようこれからも改善を続けて参ります.新年もまたよろしくお願い致します.

 新年が皆様にとってよい1年になることをお祈りいたします.

所長 山田康介

2016年12月29日木曜日

低用量ピルの処方を開始します


低用量ピルは、女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)を適切に調整することで排卵を抑制するお薬です。
毎日1回1錠ずつ飲むことで、確実に避妊する(望まない妊娠を防ぐ、成功率ほぼ100%)ことができます。避妊をしたい女性が自分自身の意思で避妊できる方法です.また,お薬を中止すれば、すみやかに妊娠できる体に戻ります.

また、毎月の生理に伴うつらい症状(生理痛、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、吐き気、むくみ、イライラや憂うつなど気分の変調、乳房の張りや痛みなど)を軽くする効果や大人ニキビ・肌荒れ・多毛症の改善、生理が周期的になり出血量を減らす効果もあります。

試験や旅行など大事な予定にあわせて、計画的に生理日を変更することもできます。
その他にも子宮内膜症の予防・進行抑制、子宮体がんや卵巣がん・卵巣のう腫のリスク低下、乳房の良性腫瘍の発生率低下など避妊以外にも多くの効能があり、海外では広く普及(欧米では約40%)しているお薬です。

診察料と薬代1か月分の料金
初診時: 2,100円
再診時: 1,640円

※ 冬期は暖房費加算があります.
※ 副作用等なければ長期処方(最長3か月)可能

避妊の相談や生理に伴うつらい症状でお悩みの方、大事な予定にあわせて生理日を変更したい方は、ご相談ください。             

医師  棟方 智子

風邪薬の眠気は,ただの眠気ではない? 〜船木先生の薬の話 かわら版2017年10月号より〜

「風邪をひいたかな?」と感じた時、症状が悪化しないように早めに風邪薬を服用される方も多いのではないでしょうか。今月は、風邪薬を飲んだ時の副作用について、フナキ調剤薬局 船木達 薬剤師にお話を伺いました。      風邪のつらい症状...